開催内容

大船to大船渡 開催主旨

開催趣旨

2011.3.11 私たちは、「東日本大震災」という未曾有の災害を目の当たりにし、「大船」という同じ地名を持つ縁から、大船渡市への復興支援を目的に開催しました。

▼岩手県復興支援イベント「大船to大船渡」
第1回 2011年7月16日(来場者数:約20,000人)
第2回 2012年9月30日(来場者数:約35,000人)
第3回 2013年9月29日(来場者数:約45,000人)

▼岩手県復興支援産業祭り「大船to大船渡」
第4回 2014年9月28日(来場者数:約46,000人)
第5回 2015年9月25日(来場者数:約47,000人)
第6回 2016年9月25日(来場者数:約48,000人)
第7回 2017年9月24日(来場者数:約50,000人)
第8回 2018年9月30日(荒天のため中止)
第8回 2019年9月29日(来場者数:約50,000人)

震災から10年以上の月日が流れた今、復興計画は進みつつもまだまだ復興とは程遠い状況にあります。私たちは過去5回の開催から様々な形で培った絆を大切にし、同じ日本に暮らす同士と継続的な交流を続けながら、一時の支援にとどまらず、共に互いの地域活性をも目指してまいります。

10年継続と決めたこのイベント・活動はまだスタートラインだと考えております。意識を薄れさせずに互いの力になっていくよう、是非ともご賛同・ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

※来場者数は、いずれも実行委員会からの推計発表値になります。

大船渡市とのパートナーシティ提携

鎌倉市では、新たな都市提携の手法として「鎌倉市パートナーシティ制度」を運用していますが、2014年12月22日に、岩手県大船渡市と新たにパートナーシティ提携を行いました。

申請団体名
大船to大船渡実行委員会(代表者:石井 秀卓)
活動内容
復興支援イベント(大船to大船渡)の開催による被災地支援、地域活性化
交流相手団体
一般社団法人大船渡市観光物産協会

第9回岩手県復興支援産業祭り 大船to大船渡収支報告
▼収入の部
項 目金 額
前期繰越金744,293円
出店料1,789,000円
協賛金1,518,480円
クラウドファンディング0円
売上金221,000円
雑収入(本イベント以外)97,882円
雑収入(利息)11円
広告料777,000円
合計5,147,666円


▼支出の部
項 目金 額
設営費995,760円
輸送費635,040円
本部運営費34,1850円
出張費54,699円
さんま購入費230,000円
仕入原価0円
渉外費50,000円
保険料172,490円
人件費176,256円
旅費交通費(大船渡)221,220円
宣伝費105,773円
印刷費156,406円
クラウドファンディング経費0円
支払い地代78,000円
燃料費33,480円
備品購入費0円
車両費13,700円
手数料13,170円
通信費20,484円
雑費0円
租税公課0円
支払家賃360,000円
出店料返金647,000円
慶弔費44,055円
水道光熱費0円
復興支援金500,000円
合計4,202,383円
次期繰越金945,283円
総計5,147,666円
▼追記事項 ①固定資産
  1. 音響機器一式:180,600円(H24.9.21)
  2. さんま焼き台追加3台:141,750円(H25.9.20)
  3. 音響機器追加:77,868円(H28.9.25)
②流動資産
  • 現金:11,084円
  • 預金(横浜銀行普通預金):934,199円
  • 合計:945,283円

上記の通りご報告いたします。
大船to大船渡実行委員会



大船to大船渡